コンビニとは

コンビニとは

2005年に設立された30名程度の少人数でアンサンブルをする合唱団です。

団名の由来は、レパートリーの「品揃えの豊富さ」にこだわるということから、コンビニエンスストアーにちなんで「コンビーニ・ディ・コリスタ」としました。

これまでに、東京都合唱祭、Tokyo Cantat2006、北とぴあ合唱フェスティバル等に出演。また、第61回より東京都合唱コンクールに参加。3年目の第63回大会にて全国大会 出場への切符を手にし、第61回全日本合唱コンクール全国大会への初出場を果たしました。毎年、定期演奏会やクリスマスコンサートを開催しています。

団員構成:ソプラノ8名、アルト10名、テノール7名、バス9名(2015年1月現在)

コンセプト

グレゴリオ聖歌から現代の邦人曲に至るまで、様々な時代とスタイルの音楽に取り組み、合唱の可能性を追求することを目標にしています。高いモチベーションをもって新たなことにチャレンジしていく、意欲的な合唱団でありたいと願っています。

レパートリー

これまでにコンビニが歌ってきた曲目については 活動履歴 をご覧ください。

指導者紹介

松村努先生(常任指揮者・指導者)

東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。三林輝夫、河瀬柳史の両氏に師事。指揮を黒岩英臣、ヘルムート・リリンク両氏に師事。ルネサンスから現代までの宗教作品を活動の中心とし、現在東京・神奈川を中心に、15の合唱団の指揮、指導をしている。日本合唱指揮者協会副理事長、神奈川県合唱連盟理事長、かながわ合唱指揮者クラブ会員、合唱人集団「音楽樹」会員、ヨコハマ・コーラルフェスト実行委員長、東京藝術大学講師、フェリス女学院大学講師。

織田祥代先生(ピアニスト)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院修士課程音楽研究科ピアノ専攻修了。これまでに、手塚敏子、坪田昭三、クラウス・シルデ、故ハリーナ・チェルニー・ステファンカの各氏に師事。現在ソロ活動の他に、室内楽、声楽及び合唱のコンクール、講習会等で幅広く演奏活動を行っている。

TOPへ戻る